30代で美容部員として転職するために知っておくべきこと

女性人気の高い職種の一つに美容部員の仕事がありますが、仕事内容としてはお客様に美しくなってしまうことや満足感を得てもらうこと、その流れで最終的には化粧品を買ってもらうことです。

化粧品を買ってもらうためにはお客様との信頼関係やコミュニケーション能力などが必要になってくるのですが、売上でかなりの個人差が出るように能力で明暗が分かれる職種になります。

30代で美容部員として転職を検討している人の中には過去に美容関係の仕事をしてきたことがある人も多いと思いますが、基本的に美容部員というのは美容に対する高い知識を持っていてなおかつコミュニケーション能力に長けている人が重宝されるので過去の実績は採用に大きく影響します。

30代だと転職をするのが難しいと感じる人もいますが、化粧品を使う年代のことを考えると若い人だけでなく年を取った人も使用するので同年代の人であれば若い人よりも同じくらいの年代の人に接客してもらいたいという人は多くいます。

30代でも転職をして十分に活躍することができる職種とも言えますが、これまでにまったく美容関係の仕事とは縁が無かった人が新規に美容部品として転職を考えている場合はスムーズな転職をすることが難しい場合もあります。

ただし、美容部員というのはこの資格を取得してないと働くことができないという職種ではないので過去に美容関係の仕事の経験が無くても肌の手入れやしっかりメイクしている場合は転職できる可能性もあります。

一方でこれまでに美容関係の仕事をたくさんしてスキルがあっても自分自身のメイクなどがしっかりできてない場合はマイナス印象になって転職に失敗してしまう可能性もあります。

美容部員の応募をしている会社によっても転職に必要な条件などは異なっているので、求人サイトなどを利用した際やハローワークの利用をした際に働きたいと思う求人が見つかった場合は事前に求人へ応募するための要件などを確認しておく必要があります。

外出したとき、車の中で思ったこと

きのう久しぶりに車に乗って外出しました。2015年になってからもう1月の後半まで来ていて、はやいなぁと感じます。私的に1月はまだ冬だと思っていて、手袋、コート、マフラーが手放せないという印象です。

マイバッグの中には貼るカイロを常に入れて持ち歩いています。ですが、車に乗っていて思ったことは、とにかく暖かいです。

私は助手席に乗り、後ろに乗っていた母が熱いくらいだよ!と言っていました。私の感覚では暖かく、母の感覚では熱いみたいです。運転していた父は、熱くもなく寒くもなく普通と言っていました。

みんなそれぞれの感覚を持っています。もし、1人が寒くて、それ以外の全員が熱いと言ったとしたらどちらの意見に合わせるべきなんでしょう?って悩みます。きのうはだいたいのところ意見が一致しましたが、夏なんかは合わないことが多いです。

私は寒がりなので、冷房がなくても過ごせるのに対し、父は熱がりなので、冷房がないと無理になります。こういう時は、父の熱い!に合わせて冷房をつけたり消したりして調節しています。転職 23歳 営業

美容部員への転職で失敗しないための面接のコツ

美容部員への転職で失敗しないための面接のコツとしては面接を受ける会社がどのような人材を求めているのか事前に把握することで、それぞれの会社によって求めている条件は違っています。

美容部員への転職において重要になってくるのが面接を受ける際の服装で、一般的な転職の面接と言えばしっかりスーツを着用して面接に臨むというのが基本系ではあるものの、美容部員になってくるとスーツではなくカジュアルな格好がベースになります。

これは採用の可否判定の一つに服装が含まれているからですが、美容業界というのはセンスが高い人材を求める傾向にあるので、いくら高学歴と言われている学校を卒業したとしてもセンスがないと転職することは難しくなります。

この服装選びというのが難しい部分になってくるのですが、基本的には面接を受ける会社の雰囲気に合う服装というのが望ましいと言われています。

中には実際に仕事がしたい会社の販売店で化粧をしてもらって、その化粧から服装を選んで面接を受ける人もいるほどで、絶対に転職を決めたいという場合はそれくらいの熱意があった方が気持ちも伝わりやすくなります。

面接では自分が想定して無いことも質問として飛んでくることがありますが、どんな質問に対しても長く答えすぎることは厳禁で、簡潔に答えることが鉄則であるというのは美容部員に転職をする場合についても同じことです。

もちろん求人に応募する会社の化粧品を事前に使ってみることやその会社のこれまでの歴史や取り組みなどについても学習した上で面接を受けるのもポイントになります。

この業界に限ったことではなく面接というのは加点方式ではなく減点方式になっているところが多いので、いかにポイントを上げるかというのではなくポイントが下がるのを食い止めるかというのが軸になります。

これまでの仕事の離職理由などにはマイナスの理由もある場合がありますが、ネガティブをプラスの表現に変えることも必要になります。

美容部員に転職するための自己prのコツ

化粧品メーカーなどの美容部員に転職するためには自己prが重要なポイントになってきますが、これまでに美容関係の仕事をしてなくても美容に対しての関心が高く、メイクや服装などに気をかけている場合はそれが決めてとなって採用が決まることもあります。

その点では誰でも転職で狙うことができる魅力的な仕事と言えますが、これまでにキャリアをしっかり積んでいたとしても求人を出している会社の意向と沿ってないメイク術だと採用が決まらないことがあります。

自己ptのポイントについてはどれだけ美容に対しての興味があって関心があるかということで、これまでの美容分野の経験も大切ですが、他の職種であっても営業や接客業などをしたことがある場合は美容部員としてもっとも必要になってくるコミュニケーション能力の高さをアピールすることができます。

まったく違う職種で働いていた場合もそこの経験が直接的に活きてくることもあり、これを上手に自己pr内に組み込んでいくことも転職を成功させる上でのポイントになります。

また、自分がこれから仕事をするにあたり会社にどのようなことが求められるのかということもイメージする必要があります。

メーカーによって美容部員に求める要素は異なっており、それぞれの会社にオリジナルのカラーがあるのでそれをしっかり理解した上で面接などに望む必要もあります。

自己prをする場合は自慢になってしまうことも少なくなく、自慢は自分が中心に回っているというマイナスのイメージを与えかねないので自分をアピールする場合もできるだけ謙虚にアピールするのがポイントになります。

また、アピールするタイミングとしては書類選考のタイミングと面接のタイミングがあります。

基本的に面接というのは書類の中から抜粋して詳細を質問することが多くなっているので履歴書や職務経歴書に書いていることと面接で問われていることに対する答えには統一性を持たせる必要があります。

条件が良いメーカーの美容部員として働く

美容部員としての転職を目指している場合は化粧など美容に関心を持っている人も多いのが特徴で、働きたい理由の中には仕事を通じて美容の勉強をして自分自身の美を追求したいという人もいます。

美容に関心がある人だと日頃から好んで使用している化粧品メーカーなどもあると思いますが、使って化粧のメーカーの美容部員に転職したいという思いを持っている人もいます。

メーカーで美容部品の転職をするのは敷居が高いようなイメージがあり、正社員として働く場合は会社に入社してそこからそれぞれの販売店に配属という形になるので仕事内容についても転勤が多いなどのデメリットがあります。

自由の身であれば転勤があっても問題無く働くことは可能ですが、家庭があるなどして転職することが難しい場合については正社員として働くのではなく派遣社員として働く方法があります。

また、正社員としてメーカーの美容部員への転職よりも派遣社員としてメーカーの美容部品に転職をする方が敷居は低くなっているので仕事が決まりやすい特徴があります。

派遣として働く中で能力が認められる場合は本社から声がかかって正社員になることができるようなこともあるので、そのようなルートを辿って正社員を目指す方が遠回りに思えても実際には近道であることもあります。

ただし、正社員になることができるかどうかはその人の実力次第という部分もあるので難しい側面もあります。

仕事の探し方については求人サイトなどを活用することでも調べることができますが、少しでも条件が良いところで働きたいと考えている場合は非公開求人も多く取り扱っている美容系の専門求人サイトを活用すると条件が良い仕事が見つかりやすくなります。

ちなみにメーカーだと過去に美容部員の経験があった方が仕事に優遇されるというイメージもありますが、他社メーカーの場合だとその会社の化粧癖などがついていることも多いのでかえって転職しにくくなることもあります。

コーセーの美容部員として転職するためには?

美容部員として転職したいメーカーの中で特に人気の高い会社にコーセーがありますが、実際に働いたことがある人の口コミなどを見てもやりがいを持って働くことができるというプラスの声が多くなっています。

コーセーに美容部員として転職したい場合に知っておきたい情報としては中途採用だと第二新卒くらいまでの年齢であれば新卒と同じ扱いとなり、それ以上の年齢になってくると経験に応じて与えられたポジションからのスタートになります。

そのため、これまでに美容部員として働いてきた実績や美容スキルなどが認められると転職してから高いポジションでいきなり仕事を始めることになるという場合もあります。

コーセーは商品もどんどん開発されて販売されているので会社の中で化粧品に対する勉強をした後に自分用のものを購入することができることややりがいを持って働くことができるなどのメリット要素もあります。

コーセーに転職をする方法として公式ホームページから入って求人を探す方法がありますが、キャリア採用や傷害者採用、美容スタッフ採用や総合職などさまざまな分野における採用情報が掲載されていて、美容部員として働きたい場合は美容スタッフの採用情報を確認します。

転職の場合だと新卒採用ではなくキャリア採用になるのでこれまでに実績がある人ほど働きやすくなっていますが、自分が希望するエリアで必ずしも採用情報があるわけではないので注意が必要です。

もし公式サイトから採用情報を見つけることができなくても一般の求人情報サイトなどに情報が掲載されていることもあるので転職を考えた時点からチェックするようにして求人を探すことをおすすめします。

また、いきなり正社員になれるほどのキャリアを持ち合わせてない場合は派遣社員として入ることも方法としてあり、派遣社員だと給料も高く将来的にスキルを積んでいくことでコーセーの正社員スタッフとして働くことができる可能性もあります。